2020/07/09

一宮町の記憶の味を温ねる。


和菓子司 かねきち
子供の頃からある町の店に行ってみようと思い始める。
私は農村の部落出身なので、今は寂しくなってしまったとはいえ、町中の商店にはあまり馴染みがないのだ。
まあ・・駄菓子屋は行ったけどね。

最初は和菓子屋さん。

それこそ子供心に和菓子って地味じゃん・・ってことで見向きもしなかった。

オッサンになると緑茶と饅頭に親和性が高くなるのでした・・(^_^;)。

次は蕎麦屋とかかな?

«上総一ノ宮駅東口改札が開通

最近のトラックバック

最近の記事と写真

  • 2016
  • 2018
  • 2018_20200216145901
  • 2019
  • 2020
  • 26197836_1745211865554191_135710564
  • Dsc01684
  • Dsc00899
  • Dsc00660
  • Dsc07974
  • Dsc07962
  • Dsc07768
  • Dsc07748
  • Dsc07735
  • Dsc07721
  • Dsc07686
  • Dsc07673
  • Dsc07684
  • Blue
  • Hanamizuki
  • Cath2802
  • Dsc06932
  • Dsc07481_1
  • Dsc07513_1
  • Dsc07435
フォト
無料ブログはココログ